CentOS5にPHP5.2.8とMySQL5.1.30

※Remiは、PHP5.3系になりました。PHP5.2系をインストールする場合は、以下をご覧ください。
CentOS5 : PHP5.2.11 インストール

phpMyAdminの最新stable版が、PHP5.1.6で動作しない。。。

ソースからインストールだと、パッケージ管理が面倒くさくなるので、

Les RPM de Remi

Fedora Extra Package for Enterprise Linux  (epel)

DAG (rpmforge)

上記、リポジトリを追加して yumで、PHPと、ついでにMySQLもアップデートする事にした。

リポジトリの追加
GPG-KEYのインポート。

rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi
rpm --import http://ftp.riken.jp/pub/Linux/fedora/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL
rpm --import http://dag.wieers.com/rpm/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt

32bit , 64bit 確認

uname -i
i386 or x86_64

32bit(i386)の場合

wget http://rpms.famillecollet.com/el5.i386/remi-release-5-4.el5.remi.noarch.rpm
wget http://ftp.riken.jp/pub/Linux/fedora/epel/5/i386/epel-release-5-2.noarch.rpm
wget http://dag.wieers.com/rpm/packages/rpmforge-release/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
rpm -Uvh remi-release-5-4.el5.remi.noarch.rpm epel-release-5-2.noarch.rpm rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm

64bit(x86_64)の場合

wget http://rpms.famillecollet.com/el5.x86_64/remi-release-5-4.el5.remi.noarch.rpm
wget http://ftp.riken.jp/pub/Linux/fedora/epel/5/x86_64/epel-release-5-2.noarch.rpm
wget http://dag.wieers.com/rpm/packages/rpmforge-release/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.x86_64.rpm
rpm -Uvh remi-release-5-4.el5.remi.noarch.rpm epel-release-5-2.noarch.rpm rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.x86_64.rpm

追加したリポジトリはデフォルトで無効とする。

vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
-------------------------------------------------
[epel]
enabled=1

enabled=0
-------------------------------------------------

php , mysqlのアップデートを実行しhttpdとmysqldを再起動。

yum -y --enablerepo=remi,epel,rpmforge update php* mysql*
/etc/rc.d/init.d/httpd restart
/etc/rc.d/init.d/mysqld restart

CentOS5 phpMyAdminのインストール に続く

関連する投稿:

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。